PR
スポンサーリンク
ニュース

「撮り鉄」のマナー違反が酷い!周りの迷惑になる行為とは?

撮り鉄マナー ニュース
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

鉄道ファンの中でも、列車を撮影することを目的とした愛好家は、通称「撮り鉄」と呼ばれています。「撮り鉄」の中には、周りに迷惑をかける行為を平気でおこなうマナー違反の「撮り鉄」が少なからずいます。今回は、そんな「撮り鉄」のマナー違反についてご紹介します。

撮り鉄高校生書類送検「非常停止ボタン連打のクズ鉄」撮りたかったアングルは何?

 

スポンサーリンク

「撮り鉄」のマナー違反「どんな行為があてはまる?」

鉄道写真

「撮り鉄」の中でも、特に周りに迷惑をかける代表的な行為には次のようなものがあります。

 

周りに迷惑をかける行為4つ

1.立ち入り禁止区域への侵入

立入禁止
列車を撮影するために、立ち入り禁止とされている場所に無断で侵入することは、危険なだけでなく、周りに迷惑をかける行為です。また、立ち入り禁止区域に侵入することで、鉄道会社や警察から罰金を科される可能性もあります。

例えば、電車の軌道上に立ち入ることは、列車の運行に支障をきたすだけでなく、命に関わる危険性もあります。また、駅構内やプラットフォーム上での立ち止まりや、他の利用客の邪魔になるような行為も避けるべきです。

 

2.騒音や振動の発生

騒音
列車が通過する際に発生する騒音や振動が、周囲の住民にとって大きなストレスとなっている場合があります。そのため、列車が通過する前後で、撮り鉄が大声を出す、地面を踏み鳴らす、振動を起こすなどの行為は周囲の住民の迷惑になる可能性があり避けるべきです。

 

3.交通ルールを守らない

駐車禁止

撮り鉄が電車を撮影する場所は、車などを停めるスペースがない場所がほとんどです。しかし、一部の撮り鉄は線路近くの私有地など、駐車禁止となっている場所に停めて撮影を行ったりしています。

また、長時間道路上に居座ったり、車や歩行者の通行を妨害するなどの迷惑行為も避けるべきです。

 

4.汚れやゴミの放置

ゴミ
列車を撮影する際には、周囲に汚れやゴミを残さないよう注意が必要です。

例えば、飲食物やタバコの吸殻を投げ捨てたり、地面にゴミを捨てたりすることは、周囲の環境を悪化させるだけでなく、他の利用客や地域住民に迷惑をかけることにもつながります。そのため、自分が持ち込んだものは必ず持ち帰り、周囲を清潔に保つよう努めましょう。

撮り鉄高校生書類送検「非常停止ボタン連打のクズ鉄」撮りたかったアングルは何?

 

スポンサーリンク

「撮り鉄」はマナーを守って楽しもう

「撮り鉄」は、列車や鉄道施設に対する深い愛情から生まれた趣味の一つで、多くの鉄道ファンが楽しんでいます。しかし、なかには周囲に迷惑をかける行為をしている「撮り鉄」がいることも事実です。

そのため、「撮り鉄」を楽しむ際には、以下のようなマナーを守って楽しみましょう。

 

「撮り鉄」を楽しむためのマナー

1.立ち入り禁止区域には侵入しない

入らないで
立ち入り禁止とされている場所には絶対に侵入しないよう心掛けましょう。また、立ち入り禁止区域内での写真撮影や動画撮影も禁止されています。そのため、「撮り鉄」を楽しむ際には、立ち入り禁止区域外から撮影するよう心掛けましょう。

 

2.周囲の環境に配慮する

大声禁止
列車が通過する際には、周囲の環境に配慮してマナーを守りましょう。例えば、大声を出したり、地面を踏み鳴らしたりすることは避け、周囲の住民や利用客に迷惑をかけないよう心掛けましょう。

 

3.交通ルールを守る

迷惑駐車

列車を撮影する際は、交通ルールを守りましょう。例えば、駐車禁止場所への迷惑駐車や、道路上に三脚を立てたり座り込むなどの通行妨害に注意するよう心がけましょう。

 

4.汚れやゴミを持ち帰る

ゴミを持ち帰る
列車を撮影した後は、自分が持ち込んだものや周囲に落ちているゴミなどを必ず持ち帰りましょう。また、周囲を清潔に保つためにも、自分自身も清潔に保つよう心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

「撮り鉄」は多くの人々が楽しんでいる趣味ですが、周囲に迷惑をかける行為があることも事実です。そのため、「撮り鉄」を楽しむ際には、周囲の環境や他の利用客に配慮しながらマナーを守るよう心掛けましょう。そうすれば、「撮り鉄」はより安全かつ健全な趣味として楽しめるでしょう。

撮り鉄高校生書類送検「非常停止ボタン連打のクズ鉄」撮りたかったアングルは何?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Renをフォローする
はちきんNEWS

コメント

タイトルとURLをコピーしました