スポンサーリンク
ニュース

上富良野交通事故身元は「ダンプカーと乗用車衝突で外国人母子死亡」

上富良野交通事故 ニュース
スポンサーリンク

2023年1月10日午前11時30分頃、北海道上富良野町の道道でダンプカーと乗用車が衝突する事故が発生しました。この事故により、乗用車に乗っていた夫婦と子供2人のうち、母親とみられる女性と乳児の女の子の2人が搬送先の病院で死亡。ダンプカーの運転手にけがはありません。

北海道警によると乗用車はレンタカーで、乗っていた家族は日本語が話せなかったことから外国人とみられ、現在、事故原因と身元の確認中です。この記事では、事故にあった外国人の身元と事故現場・事故原因について調査しました。

2023年1月11日更新

スポンサーリンク

上富良野交通事故の身元は?国籍はアジア?

事故newsツイート

【速報】乗用車とダンプカーが衝突 乳児含む2人死亡 外国人か 計4人が病院搬送
現時点(2023年1月10日PM7:00)で、北海道上富良野町の道道でダンプカーと乗用車が衝突した事故で亡くなった外国人の身元は国籍も含め判明していません。
2023年1月11日追記:死亡した外国人2名の身元判明。シンガポール国籍のリン・シューウェイさん(41)とアハーナ・カルティックちゃん(0)と確認されました。
北海道は外国人に人気の観光地として、さまざな国から外国人観光客が訪れています。今回事故で亡くなられた方の国籍は不明ですが、北海道に訪れる外国人観光客で多い国籍は、中国・韓国・台湾です。
いずれの国々も日本から近く、中国・韓国からは北海道への直行便がでています。事故現場がある北海道上富良野町は、中国・韓国からの直行便が発着する旭川空港が近くにあります。
そのため、今回の事故で亡くなられた方の国籍はアジアで中国・韓国・台湾の可能性が高いです。直行便で旭川空港に到着後、旭川空港からレンタカーで上富良野方面へ観光に行ったのではないでかと思いましたが、事故写真の乗用車のナンバーは札幌でした。
札幌にある新千歳空港も上述の国々からの直行便が発着していますので、札幌からレンタカーで来たようです。
スポンサーリンク

上富良野交通事故の乗用車とダンプカー衝突現場はどこ?

北海道雪道の事故現場写真

【事故死亡】信号機のない交差点でレンタカーとシアトルカーが出会い頭に衝突、外国人の母親と乳児が死亡「乗用車側に一時停止の了解」北海道・上富良野
外国人観光客の運転する乗用車がダンプカーと衝突事故をおこした現場は、報道されている情報から、北海道空知郡上富良野町東4線北26号の交差点と判明しました。
【住所】〒071-0524 北海道空知郡上富良野町東4線北26号

事故現場の交差点は上富良野町中心地から東に位置する場所で、通称「ラベンダーロード」と呼ばれており、付近にはラベンダー畑が点在しています。ラベンダーが見頃になる5〜8月には美しい景色が広がります。

スポンサーリンク

上富良野交通事故乗用車とダンプカー衝突事故事故原因は?

北海道雪道事故車両写真

乗用車と下りカー衝突 乳児含む2人死亡 外国人観光客か 乗用車側に一時停止の結果 北海道上富良野町10日は雪道での事故が相次ぎ、北海道上富良野町では乗用車と下りカーが衝突し、赤ちゃんを含む2人が死…
乗用車に乗っていた家族4人のうち、2人が死亡した交通事故ですが、事故原因は何か気になります。事故原因や亡くなった方の身元については、警察が現在確認中のため詳細は不明です。
しかし、事故現場の情報や当日の路面状況などから事故原因を考察できます。
【事故原因の理由】
・乗用車側に「一時停止」の標識があった
・当日の路面状況は圧雪状態だった
・ダンプカーのスピードの出しすぎ
圧雪状態積もった雪の上を人や車が通ることで、雪が踏み固められた状態。特に交差点付近は、ブレーキ時のタイヤによって表面が磨かれ、氷のようにツルツルのアイスバーン状態になっていることがある。
上述の理由をもとに事故原因の仮説を立てました。
仮説1:乗用車を運転していたのは外国人観光客という情報なので、日本の交通ルールが分からなかった可能性があります。その結果、一時停止をせず本線に侵入したことで、ダンプカーと衝突した。
仮説2:一時停止をしようとしたが、坂道だったことと路面状態が悪かったため、停止できずにダンプカーと衝突した。
仮説3:乗用車側の一時停止無視と、ダンプカー側のスピード超過により衝突した。
どの仮説であれ、2人の尊い命が失われてしまった悲しい事故に胸が痛みます。亡くなられた方の冥福を心から祈ります。
事故原因など詳細については、警察発表され次第更新します。
スポンサーリンク

上富良野交通事故外国人観光客のレンタカー利用ルールは?

レンタカー

今回事故のあった北海道富良野町に限らず、訪日外国人の増加に伴い全国で外国人観光客のレンタカーによる事故が多発しています。レンタカーを借りる外国人観光客の中には、日本の交通標識の意味がわからないまま運転しているという声もあります。

それが事実であれば、いつ事故が起きてもおかしくない状況ということになります。とても怖いですね。そこで、外国人観光客が日本でレンタカーを借りるときにルールがあるのか調べてみました。

外国人観光客がレンタカーを借りるときの条件

外国人観光客が日本でレンタカーを借りるには、以下3つの条件のうち1つを満たせば借りることができます。

・日本の運転免許証
・国際免許証(ジュネーブ条約加盟国がジュネーブ条約に基づき発行したもの)
・外国運転免許証(スイス・ドイツ・フランス・ベルギー・スロベニア・モナコ・エストニア・台湾)

※いずれの免許証も有効期限内であること、原本を提示することが必須です。外国運転免許証は、在日大使館・領事館、日本自動車連盟が発行した日本語翻訳文が必要です。その他、パスポートも必要です。
外国人観光客が日本でレンタカーを借りて運転するためには、上記の借りる条件を満たせば可能です。しかし、当然のことですが日本の交通ルールを守ることも必要です。

特に、日本の左側通行と異なる国からの旅行者は自国とは勝手が違うため注意が必要でしょう。

外国人観光客のレンタカー利用者への交通ルールの説明はある?

外国人観光客がレンタカーを利用する際、レンタカー会社は日本の交通ルールの説明を行っているのでしょうか。気になったので調べてみました。

各レンタカー会社では、訪日外国人旅行客による交通事故を防ぐため、レンタル時に日本の交通ルールを多言語で説明するなどの企業努力を行っています。

また、一般社団法人全国レンタカー協会主導で、パンフレットによる日本の交通ルールの周知を推進しています。

Car Rental Guideの配布:英語・中国語・韓国語で日本の交通ルールや運転の注意点などを記載。道路標識の英語表記も記載。
スポンサーリンク

まとめ

2023年1月10日正午前に、北海道上富良野町の交差点で起きた乗用車とダンプカーによる衝突事故。事故により乗用車に乗っていた外国人観光客4人のうち、2人が亡くなりました。事故原因や亡くなった方の身元は、現在警察が調査中です。※判明次第更新

事故原因は不明ですが、近年、訪日外国人の増加により、外国人観光客のレンタカーによる交通事故が多発しています。外国人利用者には、日本の交通ルールの説明の他に、講習を行うなど、レンタカー利用に関する規則を整備し直す必要があるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Renをフォローする
はちきんNEWS

コメント

タイトルとURLをコピーしました